とある大企業の先輩のお話

こんにちは、よっしーです。

今回は、自分の人生の中でも明確に人生を変えようと思ったエピソードをお話していきますね。

このお話は、私が新卒で努めた大手の会社を辞めるきっかけになった話でもあります。

私は、普通の大学にいきました。

世間的に見て普通の大学くらいのところです。

 

で、その前に高校生の頃も偏差値50ちょいくらいの都立の高校に通っていたんですね。

でも何を思ったのか早稲田とか慶應義塾とかにいきたい!!って思い高校3年から勉強を頑張りました。

当然、普通のレベルだし頭もいい方ではなかったので落ちましたね…笑

でも、諦めきれずに浪人しました。

ただ、今までと環境が変わっても思ったように勉強は出来ずに結局高校3年の時とそこまで変わらないくらいの大学にしか入れませんでした。

この経験って自分的には結構ショックだったんですね。なので、絶対に就職はいいところに行こうと思って就活はめっちゃがんばりました!

大学でも就活でポイントが高いことをやろうと資格取ったり、海外にボランティアに行ったり、サークルの代表なんかも経験しましたね笑

 

実際にこの経験って面白かったし、非常に大学を楽しめたので今ではいい思い出ですね。実際に就活も結構早い段階で東証一部上場の企業で通っている大学から行けるのなら給料も福利厚生も非常にいいところでした。

大学は楽しめたし、社会人になってからもいい会社に入れたしきっと素晴らしい未来が待っているんだろうなーって楽観的にかんがえていました。

 

ここから自分の選択を後悔することになるんですけれどもね…。

実際に入った会社は給料は友達とかと比べるとかなり高かったです。ですが、残業も非常に多く全国転勤がある会社だったので初年度から地方の地方に飛ばされました。

この時人生終わったなとも感じましたね。今までずっと東京に住んでいたのですが、まさかの東北の田舎です。遊ぶところなんてなく、もちろん友達も一人もいないところに飛ばされて、残業で家に帰るのも10時過ぎがデフォルトでした。

そして、特殊な業界なので勉強をして、資格を取らなくてはいけないんですね。そこで10時過ぎに家に帰ってそこから勉強して次の日に出勤するという何の面白みのない毎日を送ることになります…。

ただ、やはり給料は良かったです。ですが、使う時間も場所もなくどんどん憂鬱になっていきます。

 

一体何のために生きているのか本当に当時はわからなくなりましたね。まさに社会の歯車以外の何物でもないです。

こんな日々を後数十年続けていくのかと思うと本当に悲しくなりました。

 

ただ、そんな日々の中でも楽しみもありました。

この業界は他社のメーカーさんとも仲良くなりやすい環境で他社の同期や先輩方とも仲良くなれ色々と情報交換したり、プライベートでも遊んだりしていました。

 

そんな中で生涯忘れることの出来ない出来事が起こります。

仲が良い先輩の中には世界的に有名な外資企業で働いている30代の男性の先輩がいました。

その先輩はかっこいいし、奥さんもいて子供を大切にしているまさに「理想の社会人」って感じの方でした。

気さくで話しかけやすく、他の会社だった私も気にかけてくれた憧れの人です。

 

とある時にその先輩と何人かで飲みにい機会がありました。

最初は、これからの仕事や未来について語って楽しい時間を過ごせたのですが、お酒が進むに連れて話は会社や奥さんなどの愚痴に…。

最後は泣きながら、「俺の人生どこで間違えたのかのかなぁ…」って言っていたのが本当に忘れられないです。

 

びっくりしたのが、その先輩がお小遣い制で月に使うことが出来るお金が本当に少なかったこと。有名な会社で給料もびっくりするくらい高かったのですが、本当に衝撃を受けました…。

その先輩は朝早くから深夜まで働かれていました。外資企業なので自分の実力が全てです。金銭も非常に高いのですが、その分の責任も重く、プレッシャーも相当なものでした。

家族とも触れ合う時間がなく、お子さんの教育費にお金をかけたり将来のことを考えて貯金をするとのことで自分で使えるお金は少なかったようです。

かっこいい憧れの先輩だったんですが、色んな意味でショックを受けました。

 

絶対に自分が勝てないような人なのに、そんなすごい人でもあんなに辛そうに日々を送っているのかと…。

自分がこのままこの会社にいたとしてもあの先輩以上に給料はもらうことが出来ないだろうし、ずっと地方を担当し朝から晩まで働くという未来しか見えなくて絶望してしまいました。

お金や正社員ということのためにこれから一体何を失っていくのかと。

死んだ目をしながらこれからも家族のために、朝から晩まで働きながら一生を過ごすことしか出来ない人生しかないのかと本当に悩みました。

 

会社の先輩や周りは給料のためには、自分の時間を犠牲にするのは仕方ない。転勤になって大切な人とも離れても我慢しなくてはいけない。クビにならないために会社のために中世を尽くす生き方こそ正しいんだ。

 

そんな時に出会うこと出来たのがネットビジネスです。

 

ブログは一度作り、稼ぐことが出来るようになれば自動でお金を稼いでくれます。

朝から晩までずっと自分の時間を犠牲に生きていかなくてはいけないと思っていた私にとってこれは本当に衝撃的なことでした。

 

大企業や公務員になって安定しているでも自分の自由を捨てて生きていかなくてはいけないと思いこんでいた世界を壊してくれました。

 

このまま会社に自分の人生の自由を決められたくない、

自分で住む場所も決められない、

好きでもない人間関係の飲み会にもいきたくない、

したくもない残業を仕方ないといって諦める生き方をしたくない

 

いい会社に入って生きていくという生き方しかしらなかった人生に他の選択肢を用意してくれたのがネットビジネスです。

このままネットビジネスを知らなかったらかつて憧れて「あの先輩」のように一生会社にビクビクしながら生きるしかなかったそんな常識を壊してくれてありがとうって言いたいです!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:よっしー 現在サイトの外注化、集客をしたり、ウェブマーケッターやリアルビジネスのコンサルなんかをしています。ブログでの収益が2017年に月収が3桁を超える。それ以降ウェブでのビジネスを中心に生きています。仕組みを構築して外注化して悠々自適に過ごしています。
メルマガでノウハウを公開しています!!

詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる