ブログの記事が書けないのはどんな理由?思い込み?完璧主義をやめる

こんにちは、よっしーです。

アフィリエイトなどで必須なのはブログの記事を作成することですね。
まず記事を書くことが出来ないとほぼ稼げません。

しかし、多く相談をもらうのが

  • ブログを書けない
  • どうやって記事を書くのかわからない
  • ネタがない

などなど質問をもらったりします。

今回はこれらのことについて記事を書いていきますね。

目次

なんでブログ記事を書けないのか?

色々と話を聞いてみるとだいたいはこれらの傾向があります。

  • いい記事を最初から書こうとしている
  • こんなネタでいいのかわからない
  • 完璧を追い求めている

こんなところですかね。

最初は質よりも量

ネットを見ているとうまい記事がたくさん出てきますよね。
そういった記事を見ると焦りますし、自分もこういった記事を書かないといけないと
思ってしまうと思います。

でも、SEOを知っている人ならわかりますが上位に表示されているのはSEO対策がされている
うまい記事です。

初心者が何も知らないうちからそんな記事を書くことが出来ますかね?
まず無理です!

元々才能がある人を除いて最初の記事を自分で公開されるのを見ると
「なんだこれは!??」って思う人が大半だと思います。

これは学校を思い出してほしいんですが、最初から掛け算って出来ましたか?
九九を暗記したり、公式を覚えて問題を解いていって出来ることが増えていきます。

記事を書くことも一緒です。
まず記事の型やら文章の書き方を覚えて、そして量をこなすことで
上手くなっていきます。

この流れから逃れることは出来ません。

最初からいい記事を書くのは難しいんです。
完璧な記事を書くのではなくてまずは記事を書いて
書き方を覚える。

そんなノリで書いていきましょう!

で、どんどん記事を公開していきましょう。

自分ではしっくりこなくても実は公開したらアクセスが集まる
という事もあるのです。

あくまで記事の質の判断は自分ではなくて第三者です。

迷ったら公開のノリでまずは進めていきましょう。

ネタがない

ネタって実はいたるところにあります。

というか、ネタがないとわかっているならネタを仕込みましょう。

例えば、近くの話題のレストランに行ってレビューを書くだけでもネタになりますし、
本を読んでみてその書評を書くのだって立派なネタですね。

そうやって毎日ネタを探していると自ずと面白い記事がかけるようになります。

まずは継続が大事なので無理矢理でも記事を書いてみましょう!

ちょっとテクニックとして

ネタや書きたい事が見つかったらライバルチェックをしてみましょう。

ブログを多くの人に読んだもらう為には、やはりライバルに勝ってSEOで勝つのも
大事になります。

なので

  • 書きたい事やネタのキーワードで検索をしてみる
  • 検索して上位に表示されているサイトをみてみる
  • その記事を参考にしてみる

これらを行うことで最低限以上の記事を書くことが出来ると思います。

特にライバルの記事を見て、足りないと思った部分を取り入れてみるとか
もっとわかりやすい表現にして自分の記事に入れてみる
のがいいいですね。

こうやって、多くの記事を見ていき自分で書いていくことで文章はさらに
上手くなっていきます。

まとめ

  • 最初から上手くは書けない
  • 質よりも量
  • 下手でも記事を公開してみる
  • ネタを探すあるいは作る
  • ライバルを確認してみる

実際私もそうだったのですが、最初は数百文字すら書けませんでした笑

ワードプレスに不慣れなのもあって最初の頃は1記事で数時間かかったなんて
当たり前でしたよ。

今はもうそんなことはなくて1時間もあれば4000文字くらい書けるようになりました。

これは簡単に言えば「慣れ」です。
毎日コツコツとやってれば嫌でも上手くなります。

最初から独学で挑むよりも教材を買ってみてその型を覚えてしまったり、
誰かにコンサルを受けるとより早く上達するはずです。

自分にあったやり方できちんとコツコツと記事を書いていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:よっしー 現在サイトの外注化、集客をしたり、ウェブマーケッターやリアルビジネスのコンサルなんかをしています。ブログでの収益が2017年に月収が3桁を超える。それ以降ウェブでのビジネスを中心に生きています。仕組みを構築して外注化して悠々自適に過ごしています。
メルマガでノウハウを公開しています!!

詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる