他人と比較している?本当に比べるのは誰?自分ではないの?

こんにちは、よっしーです。

今回は誰もが陥ってしまうこの「比較」ということについてお話していきます。
まぁ、生きていると絶対に自分では勝てない人って溢れているのに気づきますよね?

例えば、成績、ルックス、資産などなど比べれば比べるど惨めになってきますが、「ああ、
自分では絶対にどうあっても勝てないなぁ。。。」
って凹みますよね。

でも、これは当然のことで言ってしまったら生まれた瞬間から負けが確定している人生なのです笑
たとえどんな人であろうとも。

 

そもそも、人と比べてもどうしようもないですよね?
生まれてからの才能だったり、環境だったりで土俵がそもそも違う。

そして、他人と比較しても意味がない。
自分の価値観とか幸せとかは自分でしか測れないのだから。

これに気づいた時は衝撃でしたね。
ああ、実は今まで生きていた時の価値観は誰かに比較されて自分で勝手に
線引きしたものだったんだなと。

 

目次

そうは言ってもやはり他人と比較してしまう

本当に比較しなくてはいけないのは「他人」ではなくて「過去の自分」です。
自分を基準にして今の自分は過去の自分と比べて成長しているのかどうなのか?

こういったことを意識していくことで本当の幸せが手に入ると思います。

 

ただ、ただこれはいうほど簡単なことではありませんよね?
これが簡単に出来たら世の中は幸せな人しかいなくなりますね!

だからほとんどの人が出来ない。。
かくいう私も他人と「比較」してしまうということがまだまだ抜けていませんね。。

 

そして、ふとした時に気づいたんですが、こういったマインドは常に確認して軌道修正しなくては
いけないということがわかりました。

 

サイトで月170万を稼いだ過去の時です。
この時は有頂天でしたね!
とある塾みたいな所に入っていたのですが、圧倒的な金額で一番私が稼いでいました。

 

数字は確かに一般的に見たらすごいですね。
ただ、この時のマインドが良くなかったなと。
結局その金額以上に自分がその塾の中で最も優れている、才能があるなどの
「優越感」が欲しかったのだと今では思います。

 

自分の幸せにフォーカスせずに他人に賞賛されたいという気持ちで動いていました。
他人と比べて自分はすごい、偉いという今思うとイタイ感じでした。

その時も思ったんですが、嬉しかったは嬉しかったんですが心の底からは喜んでいませんでしたね。

自分の幸せにではなくて、優れているという部分に意味を見出そうとしていたイタイ自分。

 

こういったことをある程度客観的に見れるようにはなりました。
でも、まだまだですね。

本当にしなくてはいけないのは自分で決めた目標にほんとに近づいているのか?
それをやって幸せな環境が気付けるのかなどですよね。

 

定期的に自分と向き合う

はい。

これをすべきですね。

自分は今何のために頑張っているのか?
自分の目標に近づけているのかというのを自分に問うべきですね。

 

出ないと自分はすぐに調子に乗ってしまう。
あぐらを書いてしまう。
つい、他人と比べて嫉妬したり、優劣をつけたがってしまう。

まだまだ、レベルが足りないと改めて実感するわけですが、それでも自分の
マインドを上げていくためにもこういった機会を作って自分を客観的に見る
癖をつけていこうと思います!!

 

今回はこれで。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:よっしー 現在サイトの外注化、集客をしたり、ウェブマーケッターやリアルビジネスのコンサルなんかをしています。ブログでの収益が2017年に月収が3桁を超える。それ以降ウェブでのビジネスを中心に生きています。仕組みを構築して外注化して悠々自適に過ごしています。
メルマガでノウハウを公開しています!!

詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる