SEOは終わりなの?今後も絶望なオワコンなのか 個人的には

こんにちはよっしーです。

突然ですが、SEOがオワコンだと言うことを
聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

私自身もこのSEOに関して最近今まで以上に厳しくなっているのを感じています。

ただし、巷でいうSEOが完全に終わったというのには疑問しかありません。

その理由について今回は記事を作っています。

目次

SEOが終わったと言われている理由とは?

なんでこういった事が言われるのかというと、
Googleアップデートの影響によってこちらは言われています。

特に最近では2019年3月と6月の大幅なアップデートがありました。

このアップデートによってサイトが飛んでしまった人が結構いるようですね。。

特に最近ではYMYLという分野でサイトを作っていた人がかなりの影響を受けているようです!

私の所持しているサイトについては今現在は影響をほぼ受けていません。

しかしながら、ジャンルによっては今後SEOは厳しくなっていくので稼いでいくのは
難しいのかもしれませんね。

特に言われているのは金融や健康の分野。

これらのジャンルでサイトを個人で作っても上げていくのが厳しいので
あえてレッドオーシャンに飛び込むのはやめておいた方がいいでしょう。

大手大手企業も参加し始めている

大手企業も最近はこのSEOに関して着実に学習して上位表示を増やしています。

これからはこういった大手が狙っていくようなジャンルはレッドオーシャンになり
厳しい戦いをしなくてはいけないですね。

大手は個人と違って、広告費が圧倒的です。
そういった体力勝負にされてしまうと個人ではどうあがいても無理です。

なのでこういった場所に関して責めるのは自殺行為と同じになります。

しかしながら、企業が参加しなかったり、出来ない場所はまだ探せばたくさんあります。

こういった場所を探して狙っていくのが個人の戦い方ですね。

リスティング広告もアフィリエイトはダメ

Yahoo!広告でも最近はリスティング広告でアフィリエイトが締め出されています。

私自身は特に使っていないんですが
今後はGoogleも同じような動きをするのではないでしょうか。

こういった分野で稼いでいた人は今後どうするのでしょうね。。

今後SEOは大丈夫なのか

まだまだSEOは厳しくなっていますがSEOmにはまだまだ可能性があると思っています。

ただ結構な人はSEOはもう終わったといつでも言っています。

2010年以降SEOはオワコンだと言われていました。

ただその中で最高利益を出している人もたくさんいます。

そういった人を見るとまだまだ稼ぎ続けることができる市場だと判断出来ますね。

記事の質を上げていく

今後は個人でもオリジナリティーのある記事が求められます。

グーグルもアップデートを繰り返していき、コピーコンテンツはすでに終わりになり
似たような記事も価値がどんどん落ちていきます。

自分の記事の質を上げていく努力も必要になりますし、SEO以外にも集客が出来る
ような方法も考えていく必要も十分にありますね。

今後会社員として生きるにしても個人として独立するにしても
生き残れるのはそういった技術を会得していくそういったことが大事であると個人的には感じます

まとめ

  • SEOはまだ戦っていける
  • ただ、以前よりも厳しいのは事実
  • 大手企業も参入し始めている
  • SEO以外の集客も必須に?

SEOはまだまだいけると思っていますが、これが一生とは思いません。

いかに今SEOを使ってそれ以外の集客も今後の為に展開していけるのか
などが大事かなと感じますね。

どんな事でもそうですが、一個だけに頼りすぎるとそれが終わってしまった場合に
大変な事になります。

少しづつ余力があるうちに他のことも対応していけるようにしましょう!

 

今回はこれにて!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名前:よっしー 現在サイトの外注化、集客をしたり、ウェブマーケッターやリアルビジネスのコンサルなんかをしています。ブログでの収益が2017年に月収が3桁を超える。それ以降ウェブでのビジネスを中心に生きています。仕組みを構築して外注化して悠々自適に過ごしています。
メルマガでノウハウを公開しています!!

詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる